家や土地を売るときの流れ

不動産の売り方の基礎手順

価格相場(不動産の価値)を知ろう

家や土地などの不動産を売却する際には、安く売ってしまって損をしてしまうことだけは避けたいですね。
損をしないためには、まずは売却したい不動産がどの程度で売れるのか、相場価格を知ることが大切です。
また、重要になってくるのが「土地の価格」で、自分の土地が坪いくらで売れるかがポイントになります。

相場を調べる方法は、一昔前までは新聞や街の広報誌などの物件広告を見て、自分が売却したい不動産に似た土地や建物の広さ、エリア(住所)などを照らし合せて、おおよその見当をつけたりしました。

しかし現在は、インターネットで簡単に詳しい相場価格を知ることができるようになりました。
これにより、不動産の売却手順も簡単でスムーズになり、何より複数の不動産屋で査定してもらえますので、損をするリスクは非常に軽減されました。

 

不動産売却のフロー

STEP1. インターネットで複数の不動産屋に査定依頼

複数の業者に査定依頼することで価格相場がわかりやすくなります。
極端に安い価格を出す悪徳業者があれば、この時点で判断することができます。
なお、インターネットで査定をする際には、おおよその「土地の坪数(または平米数)」「建物の坪数(または平米数)」「間取り(2LDKなど)」「築年数」は事前に確認しておきましょう。

 

STEP2. 不動産屋を選びます。

不動産の売却には、様々なトラブルが起こることが考えられますので、不動産屋に仲介してもらったほうが安心です。
例えば、買い手がお金を支払わないとか、あとからクレームを言ってくるといった場合があります。
不動産屋を選ぶ際には、何より信頼のおける会社を選ぶことが大切です。
一番高額な査定を出しても、仲介手数料が高い、親身な対応で無いなど不安要素があれば、別の不動産屋を選ぶべきでしょう。

【最低限チェックしておきたい不動産屋を選ぶポイント】

1.応対は親切・丁寧で話をよく聞いてくれるか。
2.業者の免許はあるか。
3.他社と比べて仲介手数料が高すぎるないか。
4.実績や経歴は長いか。
5.多くの物件を扱っているか。

 

STEP3. 不動産屋と媒介契約を結びます。

媒介契約(ばいかいけいやく)とは、家や土地の不動産を売りたい側と買いたい側の間に立って、仲立ちをすることを言います。
不動産業者に売却の仲介を依頼する場合は、宅地建物取引業法によって定められていることですので、必ず媒介契約を結ぶ必要があります。

 

STEP4.不動産屋が販売活動を実施。

不動産の買い手を探すために、不動産屋では新聞折り込み広告や見込み客への訴求などの販売活動を行います。

 

STEP5.買い手が見つかったら価格交渉スタート。

買い手が見つかると、ほとんどの場合、買い手側から値段交渉があります。
値下げをするかどうかは、不動産屋では無く売り手の判断になりますので、必要に応じて判断していきます。

 

STEP6.交渉が成立したら契約書を交わして手付金をもらいます。

無事交渉が成立したら、契約書を交わし手付金をもらいます。また、不動産引渡しのための準備をします。
手付金を引いた残金は契約から1~2ヵ月以内が普通ですので、この間に準備を完了させましょう。
売り手側の準備には、家具などの撤去や抵当権が付いている場合は抹消の手続きも必要です。
「抵当権」とは、家を建てたときなどに土地建物を担保にして融資を受けたとき、その金額や銀行や住宅金融公庫の登記されていることを言います。このあたりも不動産屋がサポートもしくは代行してくれますので、特に深く考えることはありません。
なお、買い手側によっては全額を一括で支払い、手付金が無いパターンもあります。(同時決済と呼ばれるもの)
この場合は、売買契約を行い、全額の受領、所有権移転、物件の引渡しというスムーズな流れになります。

 

STEP7.残金をもらい不動産を引き渡します。

手付金をもらったら残金をもらい、いよいよ不動産の引渡しです。
心の整理も含めて、キレイにスッキリと引渡ししましょう。
残金の受領は銀行で行われることが多いのですが、仲介している不動産屋と売主、買主、司法書士の4者で行うことが一般的です。

流れとしては、

1.司法書士が物件権利証や印鑑証明、抵当権の抹消書類などを確認します。
2.確認ができれば買主は残金を払い、またその中から不動産屋の仲介手数料を支払います。
3.司法書士が物件の名義変更を行います。
4.売主は買主に家の鍵を渡したり、必要に応じて物件の説明をしたりします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ