増える一方の空き家問題

増える一方の空き家問題

空き家を放置することによる危険性

総務省発表の平成25年における住宅・土地統計調査(速報集計)では、日本の総住宅数は6063万戸のうち、空き家は820万戸となり、空き家率が13.5%と過去最高になっています。
単純に空き家が増えただけでは無く、新しい住宅が増えていることも空き家問題を加速させています。
新しい住宅が増える理由は、子供が親の家では住まずに新しくマイホームを持つためであるといえ、実際にも5年前に比べて305万戸(5.3%)も住宅数が増加しています。

これは、別の角度から見れば、多くの方が住まない親の家をどうするのかという問題を抱えていることになります。
住宅ローンは完済しているのか、売る方がいいのか貸す方がいいのか、古い家だけど取り壊すお金や税金が高くなるため手が付けられないなど、そのままにしている方が多いと思います。
誰も住まない家を放置しておくと、予想もしないトラブルに見舞われることもありますので、一度次の危険性をチェックしてみるといいでしょう。

 

倒壊の危険性

家やマンション、倉庫など、建物は使わなくなると老朽化がどんどん進んでいきます。
特に古い家の場合は木造建築が多いため、換気を怠ることで熱や湿気が室内にこもり木製部分が傷み、木をエサにする虫が活発に繁殖して気付かないところまで傷んでいきます。
そうなると倒壊の危険性も高まり、大きな地震に耐えれなくなります。
また、水回りは使い続けないと配水管内が汚れたり、配管内の臭いが室内にこもるなど、メンテナンス無しでは使うことが出来なくなり、虫やカビなども繁殖していずれはボロボロになってしまいます。
こうなると家の価値がどんどん下がり、売ろうとしたときには想像以上の安値になっているというケースも少なくないのです。

 

環境の悪化

雑草はどんなところでも成長し、気付けば一面雑草だらけということもよくある話です。
地面だけならまだしも、屋根のすき間に飛んできた種が根付き、そのまま成長して雨漏りの原因となることもあります。
また、蜂の巣が出来て近所の人に迷惑をかけたり、ネズミなども繁殖することも考えられます。

 

不審者の侵入や放火の危険性

空き家には不審者が侵入して、たまり場や遊び場にしているケースがあります。
誰も住んでいなくても、たまに様子を見に行くためや掃除をするときのためにと、電気と水道は使えるようにしているところも多く、そのような空き家では勝手に寝泊りされているケースもあります。
また、空き家には人の目がないため、放火の標的にされることがあります。

 

税金が高くなる

国は増え続ける空き家問題を解消するために、平成27年に「空家等対策の推進に関する特別措置法(空家対策特措法)」の基本指針を定める告示を決定しました。
倒壊の危険性や衛生上有害などの「迷惑な空き家」に対して、自治体は家主に助言・指導・勧告をすることになり、家主は空き家を保全しなければなりません。
自治体の勧告を無視すれば、年をまたいだ年から住宅用地特例の対象から外され、固定資産税の額が高くなります。
小規模住宅用地(200㎡以下)であれば6分の1の減額が無くなるため、これまでの固定資産税の6倍を納める必要があります。
同様に、一般住宅用地(200㎡を超える)では3分の1の減額が無くなります。

それでも無視をして放っておく場合や高くなった固定資産税だけは支払って保全はしない場合には、市区町村長の判断により強制的に撤去する(行政代執行)などの強硬手段を取られてしまいます。
上述のとおり、誰も住まない家は急速に劣化が進み、早い段階で「迷惑な空き家」になる恐れがありますので、家の持ち主は早めにどう有効活用するかを考える必要があります。

 

空き家の保全方法

「迷惑な空き家」とされないためにも最低限の保全をする必要がありますが、換気や掃除の他に何をすればいいかわからないこともあると思います。ここで最低限の保全方法まとめておきますので、次回様子を見に行くときには参考にしてみてください。

  • 通気、換気をする
    すべての窓やドア、ふすま、引き出しなどを開けて風通しをする。
  • 雨漏りがしていないか、した形跡が無いか目視チェックする
  • 室内の掃除
  • 室内に除湿剤の設置
  • 害虫避けや害獣避けの設置
  • 庭の草むしりや剪定(せんてい)の必要がないかチェックする
    剪定とは、樹木の枝を切り形を整えたり風通しを良くする事で、庭木の手入れのことをいいます。
  • 庭などのゴミ処理
  • ポストの掃除
    ポストそのものの掃除とチラシなどが入っていれば廃棄処分する
  • ご近所への挨拶
    トラブルなどがあった場合に、すぐに連絡してもらえるように連絡先を交換するといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ